未分類

(仮面ライダージオウ) 37話/動画daily/37話無料パンドラ/

 

2019年5月26日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ第37話』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料5月26日視聴
 

仮面ライダージオウ 37話/動画/無料5月26日視聴番組内容

 

EP37『2006:ネクスト・レベル・カブト』…人間に擬態する地球外生命体ワームを伴う隕石が次々に落下した。ソウゴらは、仮面ライダーガタックとともにワームと戦う。が、そんなジオウIIとガタックの前にパンチホッパーとアナザーカブトが出現!二人の攻撃をかわし逃げ去っていく。変身を解除した加賀美は、矢車想と影山瞬の“地獄兄弟”について説明する。一方、ツクヨミは、ジオウをサポートした時にある異変を感じ取っておりー。

 

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
仮面ライダーガタック/加賀美新(かがみ・あらた):佐藤祐基 仮面ライダーキックホッパー/矢車想(やぐるま・そう):徳山秀典 仮面ライダーパンチホッパー/影山瞬(かげやま・しゅん):内山眞人

 

ジオウ動画37話みどころ

 

さて次回はいよいよ平成仮面ライダーの中でもファンからかなり人気のある仮面ライダーカブトが、仮面ライダージオウにてカブト編として登場します。

ゲストレジェンドライダーには、仮面ライダーガタック役の佐藤さんと仮面ライダーキックホッパー役の徳山さん、仮面ライダーパンチホッパー役の内山が当時の役で仮面ライダージオウに出演します。

これはかなりうれしいです。

仮面ライダーキックホッパー役の徳山さんさんは当時とほとんど変わらないイケメンのままなのですが、仮面ライダーパンチホッパー役の内山さんがかなり以前よりも太っている印象がありますが、動画なら気にならないかもしれませんので今は気にしない事にします。

しかしながらテレビシリーズに関しては登場する可能性が低いのがオリジナルで仮面ライダーカブトの天道役の水嶋ヒロと山本裕典がどうやらキャスティングされていないのがとても残念ですが、去年の冬の映画にてオファーがあれば出演する意思はあると発言されていたので年末の映画に出演してくれる事を期待して待ちたいです。

次回の放送であの「闘いの神』の加賀美新さんと平成仮面ライダーシリーズを熟知してる人なら絶対知っている「地獄兄弟」の矢車想さんと影山瞬さんが登場するので、来週は楽しみです。

 

仮面ライダージオウ第37話動画ネタバレ

 

前回登場した仮面ライダーギンガが今回はかなり暴れるのですが、今回だけなのがとても残念でなりません。

仮面ライダーギンガはデザインもキャラクターも名前のセンスもかなり魅力ではないでしょうか。

しかし今回で仮面ライダージオウに負けてしまい、ライドウォッチに姿を変えてしまうのです。

つまりこれで現状は仮面ライダーギンガが登場することはないことになってしまいます。

そしてこの回は仮面ライダーキアをメインにした物語になっており、前回の続きなのですが、あまり今までのレジェンドライダーに比べて特別続きのようにテレビドラマシリーズを補完するような内容ではなかったのが少し残念でした。

しかしながら仮面ライダーギンガの声を担当した方が、仮面ライダーキバのキババット3世の声優さんがギンガも担当していたので、ギンガのセリフの中にもキバのセリフが使用されていたのはある意味小ネタ要素などはありました。

多分ですが仮面ライダーギンガの声優さんいに杉田さんが抜擢されたのは偶然ではなく、キババットを担当していたからこそのギンガだったのではないかと思います。

この回で仮面ライダージオウの世界にあるキバ回は終わり、次はカブト回になりますのでこちらも楽しみになります

 

仮面ライダージオウ37話無料動画のネタバレ

 

『仮面ライダージオウ』第36話は、キバ編の後編でした。

結論から言うと、イマイチ物足りない、というのが正直なところです。

主人公・常盤ソウゴの初恋の女性と思しき北島祐子と、彼女が変身するアナザーキバを巡る物語が、今回の主軸です。

殺人の罪で服役し、冤罪を主張していた祐子。

彼女の言葉が真実なのか、そしてそれが本当ならば、過去の殺人事件の真犯人は誰なのか。

アナザーキバとなって自身の起こした事件の関係者を襲う祐子を止めるべく、ソウゴ達が動きます。

ここまでは、『ジオウ』の基本フォーマットに則った形でした。

即ち、「アナザーライダーやそれに関わるゲスト、レジェンドキャストとの交流を通じ、事件を解決していく」というお約束の流れです。このフォーマットを重視したまま前編と後編を描いていれば、無難な仕上がりになったことでしょう。

しかし、キバ編にはアナザーキバとの戦いの他にも、重要な要素が加えられました。

そう、宇宙からやってきた悪のライダー・ギンガとの戦いです。

「主人公の初恋の相手が怪人に」「殺人事件の真相」「キバライドウォッチの継承」、これらを消化しなければならないところに、更にギンガとの対決やギンガミライドウォッチを使ったウォズのパワーアップまで描かなければなりません。

そして既にギンガの登場で前編を終えてしまい、アナザーキバ事件の解決とギンガ打倒を後編で消化しなければならなくなりました。

結果、どちらもあっさりというか、些か描写不足な結末になってしまったと言わざるをえません。

祐子が本当に殺人犯で、尚且つ冤罪と言うのも嘘(というより、自分の嘘を信じ込んでしまっている)だったという事実は良かったです。

初恋の相手が狂人だったというのも個人的には好きな展開でした。

しかし放送前にメディアや演者が「悪女役で出演する」と宣伝してしまった為、インパクトが薄くなってしまったのが勿体無いと思いました。

 

 

タイムジャッカーと共闘しなければならない程の強敵・仮面ライダーギンガも、その触れ込みや肩書に対して、僅か2話であっさり攻略されてしまったのが肩透かしでした。

何より、折角のキバ編でありながら、当時のキャストの登場はあったものの、キバ世界のライダーは一人も登場しないというのが残念でなりません。

特にギンガの声はキバットの声を演じた杉田智和氏なのですが、杉田氏のキバットとしての出演がなかったのは歯痒かったです。

祐子の強烈な性格や言動は、このキバ編の脚本を担当した、井上敏樹氏の描くキャラクターらしくて好きです。

『ジオウ』のキバ編というよりは、『キバ』のアナザーキバ編と言う表現が相応しい話でした。

痒いところに手が届かないというか、視聴者が見たいポイントを絶妙に外してきた感が否めないエピソードだったと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画第37話/ /無料5月26日視聴